Q&A

  • サービスについて
  • 料金について
  • 補償について
  • 地盤調査・解析について
  • 地盤専門用語について

サービスについて

Q
申込方法を教えてください。
A
地盤調査会社から改良工事判定が出ましたら、お電話またはお問い合わせフォームにてお問い合わせください。
Q
等級とは何ですか?
A
地盤セカンドオピニオン®の結果は3つの等級で表示されます。施主様の意向に沿った基礎仕様の選択肢として、等級を3つ表示しています。どの等級を選んでいただいても、同じ内容の地盤品質証明書が発行されますので、等級によって安全度が変わるわけではありません。
Q
どのくらいの割合で、改良工事不要と判定されますか?
A
地盤セカンドオピニオン®をご利用いただいた物件のうち、約70%が改良工事不要と判定されています。
地域別の判定実績も公表しておりますのでご参照ください。
>>詳しくは判定マップをご覧ください。
Q
訪問可能エリアはどの程度ですか?
A
愛知県・岐阜県(一部)・三重県(一部)となっております。 詳しくはコチラをご覧ください。

↑このページのトップへ

料金について

Q
サービスの料金を教えてください。
A
地盤セカンドオピニオン®による判定までは無料です。その後、地盤品質証明書の発行が必要な場合の料金は、別途お問合せください。
判定までは完全に無料です。
Q
なぜ、無料で出来るのですか?
A
地盤ネットでは、実際に起きた沈下物件のデータ分析はもちろん、沈下しなかった40万件以上の膨大なデータ分析から現実的な解析基準から判定するシステムを構築したことにより、判定サービスを無料で提供することが可能になりました。

↑このページのトップへ

補償について

Q
地盤の補償はどういうものですか?
A
万一不同沈下が起きた場合に建物の損害等を補償します。
被保険者は、施主様ではなく業者になりますので、当店のように「工務店様」「地盤ネット」「地盤安心住宅整備支援機構」の3社が被保険者になる仕組みは、他社と比べて安心といえます。
Q
どのような補償がありますか?
A
地盤ネット独自の「地盤ロングライフ補償SM制度」があります。
万一不同沈下が起きた場合に、最高5,000万円まで、建物の損害等を賠償する「地盤品質証明書」を発行いたします。初期補償が10年間補償で84,000円(税込)となります。また、初期補償をした物件を対象に、以後10年毎に定期点検を受けることで、半永久的に補償を
更新し続けることができ、経年による地盤リスクの変化に対応することができます。 
>>詳しくはこちら
Q
万が一不同沈下が起きた場合はどうすればよいでしょうか?
A
速やかに弊社までご連絡ください。
その後の賠償対応についてご説明させていただきます。
Q
万一の際の賠償基準について教えてください。
A
3m以上離れている2点の間を結ぶ直辺の水平面に対する勾配角1000分の5以上が確認された場合に賠償対象となります。
(その他、免責事項に該当しないことが前提条件)

↑このページのトップへ

地盤調査・解析について

Q
地盤調査とは何ですか?
A
住宅などを立てる際に必要な地盤の性質の把握などをするために、地盤を調査することです。
この調査により地盤強度などが判明し、住宅の設計や施工を行うことができます。
Q
地盤調査にはどのくらい費用がかかりますか?
A
一物件、31,500円です。
Q
地盤調査は義務ですか?
A
地盤調査のデータを、過去、実際に起きた沈下物件のデータや沈下しなかった膨大なデータを元に分析し、現実的な解析基準から判定することです。弊社はこのサービスを無料で行っております。
Q
地盤解析にはどんな資料が必要ですか?
A
地盤調査データ一式、配置図、平面図、立面図、基礎伏図、基礎断面図、現地カラー写真が必要です。
Q
どのような基準で地盤解析判定しているのでしょうか?
A
一般社団法人地盤安心住宅整備支援機構が推奨する「地盤解析業務フロー」に則った判定を行っております。
>>一般社団法人地盤安心住宅整備支援機構が推奨する地盤解析基準について
Q
約7割の工事不要判定が出るのはなぜですか?
A
地盤ネットでも一般社団法人地盤安心住宅整備支援機構が推奨する地盤解析基準に基づいて判定を行っていますが、注目すべきは「建設省告示1347号(平成12年)」です。
同告示では、地耐力が20kN/m²以上、30kN/m²未満の場合には、基礎杭とベタ基礎のどちらかの選択でよいと定められているため、周辺環境も考慮した上でベタ基礎と判定することが可能です。
また、地盤調査会社の調査では、判定がより安全側となるよう考慮されており、地盤改良工事が必要という結果が出やすいことも理由の一つです。

↑このページのトップへ

地盤専門用語について

Q
地盤インスペクター®とは?
A
住宅地盤に関する基礎知識を有し、地盤対策工事が適正に施工されているか検査することのできる住宅地盤の専門家のことです。
地盤ロングライフ補償更新時に現場へお伺いいたします。
>>地盤インスペクター®について
Q
地盤セカンドオピニオンとは?
A
地盤業界の情報格差を改良工事を地盤ネットが解消し、マーケットの透明化と消費者の不利益解消を提供するサービスのことです。
Q
.住宅セカンドオピニオンとは?
A
住宅業界の情報格差を住宅を地盤ネットが解消し、マーケット透明化と消費者の不利益を提供するサービスのことです。これから家を建てる消費者と住宅会社との間にある情報格差を埋めるサービスの総称で、情報格差を埋めることにより、消費者目線の優良な住宅会社と家を建てたい消費者を結びつけるサービスへの展開を予定しております。
>>住宅セカンドオピニオンについて
  • 地盤セカンドオピニオン®判定マップ
  • 地盤セカンドオピニオンR
  • 地盤インスペクター®
  • 地盤ロングライフ補償SM